アクリルキーホルダーを発注する前に!こんなところを気にしてみよう

アクリルキーホルダーを発注する前に!こんなところを気にしてみよう

アクリルキーホルダーの発注前に色味を確認

アクリル製品の専門業者に注文すれば、大ロットでもオリジナルのアクリルキーホルダー手軽に作成することが可能です。
しかし、発注にあたり注意しておきたいことがいくつかあります。
画像データの色味が理想的でも、実際にアクリルキーホルダーにすると色味が変化する可能性があり、それで業者とトラブルになることも少なくありません。
業者選びを間違えると色味が悪いだけではなく、印刷が剥がれてしまう恐れがあるので、高品質なアクリルキーホルダーが作成できるかしっかり確認しておきましょう。
また、アクリルキーホルダーで使用する画像はカラーモードを「CMYKモード」に変換する場合があります。
これはシアン、マゼンタ、イエローの3色で色を作っており、色が混ざるほど色味が暗くなる特徴があるのです。
多くのペイントソフトは「RGBモード」になっており、こちらは色が混ざるほど明るい色になる特徴があるので、RGBモードのままで画像や写真を確認すると実物の色味が変わってしまうことがあるでしょう。
PhotoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトはCMYKモードへの変換や表示が可能なので発注前に確認し、難しい場合は業者に色味をチェックしてもらえるか相談してみてください。

嵌合の硬さやばらつきの小ささ

アクリルキーホルダーやスタンドなどのアクリル部分を製品に嵌める際、硬さによってアクリル製品の品質は大きく変わってきます。
なので、最適な硬さにできるかどうかも、発注するかしないか見極めるポイントとなるでしょう。
嵌合の硬さについてはホームページで記載されていることが少ないので、業者に問い合わせて確認することが大切です。
また、業者によっては板厚や台座の穴などのサイズがばらつくこともあり、大ロットの注文となると品質に差が出る可能性があります。
ばらつきを小さく抑えてアクリルキーホルダーや台座を作成してくれる業者への発注が望ましいです。
「8print」は印刷剥がれや色味が悪くなったりする心配がなく、やばらつきの小ささの最適な硬さに調整できることが強みです。
ばらつきも小さく、アクリルキーホルダーの作成実績も豊富なので、高品質なアクリル製品を作りたい方は問い合わせてみましょう。

 

8printの商品例

●モバイルバッテリー

●ソーラーLEDライト

●アクリル充電スタンド

 

商品について詳しくはこちらから

 

 

 

アクリルキーホルダーカテゴリの最新記事